2017年一回目の教会学校〜( *´艸`)

今年初めてのお話はかおり先生



人を愛するって具体的にどういうこと?って言う質問に
みんなで考え、自分たちの思う言葉で表現したね。
そしてなぜそうするのかってことがちゃんとわかりやすく聖書に書いてあります。



今週の暗唱聖句、本当に大好きです。き
神様がくださった大きな大きな愛を
心から感謝して❤

さて!
Kくんのお誕生日のお祝いもしたよSMILY


『おめでとう!』





み〜んなと握手あ


そしてプレゼントもわらう


Kくん照れくさそうでも嬉しそうだったなぁ〜onpu03
おめでとう!神様からの祝福と恵みがますます豊かにありますようにお願い


暗唱聖句の一枚。
少し背も伸びたけど、それでも自分よりちっちゃい子にはさりげなく
高さを合わせてくれる優しい、Kくんちゅん


献金のお祈りもしっかりリードちゅん

安心して任せられるようになってきてます。感謝ですハート
主なる神様
今年一年も子どもたちみんなが心身ともに健康で成長していけるよう
守り導いていてください。
そのために周りの大人たちをあなたが正しくもちいてください。

イエスキリストの御名によって祈ります。
アーメン。




次週の礼拝案内


今週の集会案内

・10(火)10:00 オリーブの会
・11(水)19:30 祈祷会
・12(木)10:00 こひつじ会
・13(金)10:00 バイブルクラス
・14(土)13:30 ゴスペルを歌う会

・15(日)礼拝後 青年会 
    15:00 ギター同好会 
    17:30 役員会

次週の礼拝案内



☆9:30〜は教会学校です。

1月のみ言葉

主の慈しみは決して絶えない。主の憐みは決して尽きない。
それは朝ごとに新たになる。 (哀歌 3章22〜23節)


             夕べとなり、朝となった

 みなさん、私たちの主の年2017年の新年あけまして、おめでとうございます。
私たちが神の言葉として大切にしている聖書は、その最初のところで、「初めに神は、天地を創造された」(創世記1章1節)と語りかけています。
 年が改まったとはいえ、何らかわることのないように時間は過ぎ去っていきます。今日のこの世界とこの日本の状況を見る時、ほんとうに“混沌とした闇”がさらに深くなっているように思います。政治的な不安、経済的な問題、自然災害などに見られるように、“深い闇と淵”がこの世界を覆っているように見えます。聖書は次のように語っています。「地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面に動いていた」(創世記1章2節)。口語訳聖書では、「神の霊が水のおもてをおおっていた」と訳されています。どんなに暗く、むなしく、混沌で、深い淵のような状況であっても、主なる神はそこを覆って、支え、守り、愛してくださっているという信仰がここに語られています。5節の「夕べがあり、朝があった」語られています。この言葉は、6日間にわたる神の創造の働きごとに記されています。この世界を造られた神は、この世界と共に、“時間”をも創造されたことを、語っているように思います。

 暮れから新年につながる時間の中で、「来年こそは平和であるように」、「今年こそはおだやかな年であるように」という声が聞こえてきます。昨年4月の熊本大地震を経験し、ヨーロッパからのテロ事件の報道を耳にしてきた私たちは、「今年こそはおだやかな年であるように」という思いを強くします。しかし、2016年の大晦日から2017年の新年にいたる時間の流れは、「夕べがあり、朝があった」という時間の流れにすぎません。「夕べがあり、朝があった」という時間の流れの繰り返しの中で、私たちは、大きな喜びや楽しみと共に、深い悲しみやほんとうに辛い苦しみをも経験します。「昨年は大変つらいことがあったが、今年は、喜びに満ちた平安な日々ばかりである」ということにはならないのです。
 しかし、「夕べがあり、朝があった」という主なる神が創造された時間の流れの中に、確かに、神の大きな恵み、祝福があふれていると私たちは信じています。「夕べがあり、朝があった」という時間の流れの中で大きな苦しみや深い悲しみを経験することもあるだろうと思われますが、決して神に見放されているのでも見捨てられているのでもありません。大きな苦しみや深い悲しみのそのさ中に、主なる神の慈しみと憐れみとが豊かに注がれているというのが、聖書が語る約束です。
 バビロン捕囚というほんとうに大きな苦しみを経験した人々に対して、預言者は次のように語っています。

主の慈しみは決して絶えない。
主の憐れみは決して尽きない。
それは朝ごとに新たになる」    (哀歌3章22〜23節)

 「夕べがあり、朝があった」ということの繰り返しのような日々の歩みですが、そこには、「朝ごとに新たになる」神の大きな恵み、憐れみ、祝福に満ちたお導きがあります。神の愛の現われであるイエス・キリストの十字架と復活のできごとが、そのことの確かな保証です。
 2017年の新しい年、「夕べがあり、朝があった」という毎日も、「朝ごとに新たになる」という主なる神さまの慈しみ、憐れみを信じて、共に歩ませていただきたいと思います。
                               牧師 屼ノ下照光


TOPへ


  • 教会のご案内

    桔梗が丘ルーテル教会

    (近畿福音ルーテル桔梗が丘教会)
    牧師 : 屼ノ下 照光
       〈はげのした てるみつ〉

    神の栄光をたたえて生きる

    桔梗が丘ルーテル教会
  • 記事のページ内表示件数

    記事のテーマ別

    記事の月別アーカイブ

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << January 2017 >>

    links

    Booklog

    Weekly Schedule

    関連情報

    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名張情報へにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへにほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
    Google


    mobile<携帯サイトQRコード>

    qrcode