11月の御言葉

御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。
                   (競謄皀 4章 2節)


               御言葉を宣べ伝えなさい

 北山琢先生は、10月1日付で桔梗が丘ルーテル教会の補教師に就任され、21日(日)の礼拝の中で補教師就任式が執り行われました。11月23日には、結婚式も執り行われます。ご結婚後、お二人は牧師館に移られ、新しい歩みを始められます。近畿福音ルーテル教会に新しい教職が誕生したこと、そして、桔梗が丘ルーテル教会に新しい働き人が与えられたことは大きな喜びです。共に、私たちの神さまに感謝いたしましょう
 補教師就任式では、テモテへの手紙二4章1〜2節、5節の御言葉が読まれました。
 「神の御前で、そして、生きている者と死んだ者を裁くために来られるキリスト・イエスの御前で、その出現とその御国とを思いつつ、厳かに命じます。御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。とがめ、戒め、励ましなさい。忍耐強く、十分に教えなさい。どんな場合にも身を慎み、苦しみを耐え忍び、福音宣教の仕事に励み、自分の務めを果たしなさい」
 就任式では、北山琢師が、「補教師に就任し、忠実にその職務を行い、福音宣教のわざに励むように努めることを約束します」との約束を力強く表明されました。
教職の就任式では、就任者の誓約に続いて、教会員にも誓約が求められます。そこでは、司式者によって次のような問いかけがなされました。「桔梗が丘ルーテル教会の愛する兄弟姉妹の皆さん、あなたがたは今、北山琢補教師の厳かな約束の言葉を聞きました。そこで私は、あなたがたに尋ねます。あなたがたは、主イエス・キリストによって、あなたがたのために立てられ、与えられた北山琢補教師を受け入れ、彼のために祈り、主にある愛と尊敬とをもって交わりを築くことを約束しますか。また、北山琢補教師と共に、主に仕え、主に従うことを約束しますか」。これに対して会衆席からも、「はい、神の助けによって約束いたします」との応えが返ってきました。
 私は、就任式の司式の任を与えられた時には、いつもこのところで深い感動をおぼえます。御言葉を宣べ伝える福音宣教は、決して牧師や教職だけでできるものではありません。それは、主イエス・キリストの枝、群れとされた教会全体で行なうものなのです。
会衆の誓約の言葉にありましたように、どうぞ、北山琢補教師の働きとこれから築かれる家庭のためにお祈りください。また、主にある愛と尊敬をもって北山先生と共に、主に仕え、主に従ってまいりましょう。
どうぞよろしくお願いいたします。          (屼ノ下照光)

関連する記事

TOPへ


  • 教会のご案内

    桔梗が丘ルーテル教会

    (近畿福音ルーテル桔梗が丘教会)
    牧師 : 屼ノ下 照光
       〈はげのした てるみつ〉

    神の栄光をたたえて生きる

    桔梗が丘ルーテル教会
  • 記事のページ内表示件数

    記事のテーマ別

    記事の月別アーカイブ

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    links

    Booklog

    Weekly Schedule

    関連情報

    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名張情報へにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへにほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
    Google


    mobile<携帯サイトQRコード>

    qrcode