1月の御言葉

初めからのことを思い出すな。
昔のことを思いめぐらすな。
見よ、新しいことをわたしは行なう。
今や、それは芽生えている。
あなたたちはそれを悟らないのか。
わたしは荒れ野に道を敷き
砂漠に大河を流れさせる。
 
     (イザヤ書 43章 18〜19節)


何かが起ころうとしている
 みなさん、私たちの主の年、2019年の新年、あけましておめでとうございます。
 この新しい年、主なる神さまが、私たちの教会とその交わりを豊かに祝福してくださるよう、お祈りいたします。
昨年秋から新年にかけて、桔梗が丘ルーテル教会では、大きな変化の時となりました。北山琢先生は、10月1日付でこの教会の補教師に就任されました。11月23日には結婚式を挙げられ、12月にはめぐみ姉と共に牧師館に移られました。私、屼ノ下牧師は、11月1日付で四日市ルーテル教会牧師も担当することになり、11月19日には四日市ルーテル教会の牧師館に引っ越ししました。また、2010年10月から私たちの教会でご奉仕くださった栗かおり先生は、この1月1日付で帝犹灰襦璽謄覿飢颪療粗算佞暴任されました。今後、住居も帝塚山教会に移し、帝塚山教会を中心に大阪地区でご奉仕されることになります。先生の長年のご奉仕に深い感謝をおぼえます。そのような訳で、この教会の働き、牧会は、北山琢補教師が中心になって担ってくださいます。栗かおり先生の新しいお働き、北山琢先生のご家庭とお働きに、主なる神さまの大いなる祝福が注がれますよう、お祈りください。
 大きな変化に、私たちは不安や戸惑いをおぼえることがあります。しかし、一方で変化は、期待や希望をももたらしてくれます。私たちの教会の今回のこの大きな変化を、あらたの希望のチャンスととらえたいと思います。
 イザヤ書40章以下には、バビロン捕囚という大きな苦しみを経験した民に、捕囚からの解放のメッセージが告げられ、新しい時代の到来が語られています。50年以上も、異国の地で捕囚として歩み、疲れ切り、神さまに見捨てられたと絶望していた人々に、主なる神さまは、預言者をとおして、「見よ、新しいことをわたしは行なう。今や、それは芽生えている」と語りかけてくださいました。
私たちのこの教会に、今、新しい何かが起ころうとしています。主なる神さまが、この教会に、新しいことをなそうとしておられます。神さまが備えてくださる希望をいただき、神さまに期待して、この新しい年の歩みを始めましょう。(牧師:屼ノ下照光)

関連する記事

TOPへ


  • 教会のご案内

    桔梗が丘ルーテル教会

    (近畿福音ルーテル桔梗が丘教会)
    牧師 : 屼ノ下 照光
       〈はげのした てるみつ〉

    神の栄光をたたえて生きる

    桔梗が丘ルーテル教会
  • 記事のページ内表示件数

    記事のテーマ別

    記事の月別アーカイブ

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    links

    Booklog

    Weekly Schedule

    関連情報

    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名張情報へにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへにほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
    Google


    mobile<携帯サイトQRコード>

    qrcode