6月の御言葉

時に主はアブラムに言われた、「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大きくしよう。あなたは祝福の基となるであろう。
  あなたを祝福する者をわたしは祝福し、
  あなたをのろう者をわたしはのろう。
  地のすべてのやからは、
  あなたによって祝福される」。  (創世記 12章1〜3節・口語訳)



              祝福の基とされている私たち
     
毎月2回行っている「聖書に触れる会」では、ちょうど“アブラハム物語”が始まりました。
 神さまは、ご自身の愛を人々に示し、その救いのみわざをすべての人に知らせるために、人を選び、用いてくださいます。アブラハムはそのために選ばれ、召されました。罪のゆえに混乱し、ただ滅びるばかりの人間を、神さまはなおも愛し、救いの手を差し伸べてくださっていることを示すために、アブラハムを愛し、選ばれたのです。それがここでは「祝福の基となる」という言葉で表現されています(新共同訳では「祝福の源」)。“祝福”の反対は“のろい”です。神さまは私たちの人間のわざわい、呪いを願っておられるのではありません。実に私たちが祝福を受けることを願っておられます。神さまは、アブラハムを愛し、選んで祝福し、彼を通して神さまの祝福が全人類に広がることを願われたのです。それゆえ、アブラハムは“信仰の父”と呼ばれています。信仰によってアブラハムの子孫とされている私たちもまた“祝福の基”となるように選ばれ、救いをいただいています。なぜ神さまが私を選ばれたのか。それは聖書に語られているように、「ただ神の愛による」としか言いようがありません。しかし、何のために選ばれたのかというならば、それは、私たちが、この私が“祝福の基、祝福の源”となるためであるということです。すなわち、私にあらわされた神さまの愛を指し示し、救いの喜び、祝福を告げ知らせ、それを撒き散らすためであるということです。
 
 昨年の2月から私は毎朝の散歩を日課としています。森や公園の中の約1時間の散歩はほんとうに気持ちの良いものです。この散歩はまた、私の祈りの時にもなっています。いつもお話ししているように、私の祈りはいつも、「主キリストよ、わたしを憐れんでください、キリエ・エレイソン」ですが、最近では、「主キリストよ、この世界を憐れみ、あなたの平和を注いでください」と祈りながら、歩いています。また、「神さま、今日、わたしが出会う一人ひとりに、あなたの祝福と平和がありますように」と繰り返し祈っています。神さまの祝福を祈るということ、それは、“祝福の基”である私たちのたいせつな務めなのです。                         (牧師:屼ノ下照光)

次週の礼拝案内



*礼拝後には、「死んで復活した人〜時代が変われば評価も変わる〜」と題し
 て学習会も予定しています。学習会後愛餐会もございます。ご参加下さい。

今週の集会案内

・31(水) 19:30 祈祷会 
・6/1(木)10:30 聖書に触れる会      
・6/3(土)9:00 役員会

今週の教会学校〜(*^^*)

今週のお話はかおり先生がしてくださいました。



何だかちょっぴり怖い気がした暗唱聖句。
罪が待ち伏せしてても怖くないよ。
だって罪に打ち勝ったイエス様が一緒に居てくださるから。
いつもイエス様が一緒におられることを覚えててね。
一人じゃ無理でも、イエス様が一緒なら大丈夫き


賛美は元気よくみんなで伴奏しながら
↓こっそり撮った〜 シャイなDくんSMILY


主の祈りは『一人でも大丈夫!』って



さて 誰でしょう?わらう

毎週成長する子たち。
ますます楽しみですちゅん

今週のお花🌸



何だか 色合いが結婚式みたいできれいあ
早いですね〜
もうすぐ6月き


TOPへ


  • 教会のご案内

    桔梗が丘ルーテル教会

    (近畿福音ルーテル桔梗が丘教会)
    牧師 : 屼ノ下 照光
       〈はげのした てるみつ〉

    神の栄光をたたえて生きる

    桔梗が丘ルーテル教会
  • 記事のページ内表示件数

    記事のテーマ別

    記事の月別アーカイブ

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    links

    Booklog

    Weekly Schedule

    関連情報

    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名張情報へにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへにほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
    Google


    mobile<携帯サイトQRコード>

    qrcode